/

日文研新所長に井上章一氏 「京都ぎらい」著者

人間文化研究機構(東京)は27日、来年3月で任期満了となる国際日本文化研究センター(京都市西京区)の小松和彦所長(72)の後任に、「京都ぎらい」などの著書で知られる井上章一・同センター教授(64)を選出したと発表した。任期は来年4月から4年間。

京都大人文科学研究所助手などを経て2002年から日文研教授。13~16年に副所長を務めた。専門は風俗史、建築史。関西文化論や美人論でも知られる。著書に「霊柩車の誕生」「つくられた桂離宮神話」などがある。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン