日本原研、茨城県に中間報告 安全管理徹底で

2019/11/27 19:20
保存
共有
印刷
その他

日本原子力研究開発機構(茨城県東海村)は27日、同県に対し、県内施設で相次ぐトラブルを受けた再発防止策に関して中間報告した。物品管理の改善を図るほか、請負企業へのガバナンスを強化する考えなどを盛り込んだ。

10月に管理区域内でトランシーバー6台が盗難された事案について、新たに非管理区域で予備のトランシーバー10台やデスクトップパソコン3台、外付けブルーレイドライブ2台などの所在が不明となっていることも明らかにした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]