将来戦闘機、予算数百億円規模に 基幹システム統合など

税・予算
政治
2019/11/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

防衛省は12月下旬に閣議決定する2020年度予算案に「将来戦闘機」の開発費を計上するため、詰めの作業に入った。夏の概算要求の時点では金額を示さない「事項要求」としていた。20年度は関連する研究費も含めて数百億円規模の予算要求になる可能性がある。米欧との国際協力を視野に日本主導で開発を進める。協力国の決定は20年以降になる見通しだ。

航空自衛隊のF2戦闘機の後継機として30年代半ばをメドに導入し、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]