三谷産業のビジコン、スタートアップ8社が出場

2019/11/27 18:35
保存
共有
印刷
その他

情報システムの開発販売などを手掛ける三谷産業は27日、12月13日に開催するビジネスコンテストに出場するスタートアップ8社を決めたと発表した。ビジネスコンテストは昨年に引き続き2回目で、人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながるIoTなどの先端技術を活用する企業を選定した。

スタートアップとの協業を増やす(昨年のビジネスコンテストの様子)

1回目よりも19件多い73件の応募から、北陸だけでなく東京都や茨城県の企業も含む8社を選んだ。マーケティングやデザインにAIを活用するサービスを開発したガラパゴス(東京・千代田)や遊漁券オンライン販売システムなどを手掛けるフィッシュパス(福井県坂井市)などが出場する。

三谷産業の三谷忠照社長は技術やサービスの実用化を支援したいとした上で「弊社の商品と組み合わせることも考えている。次の事業の種となるものを見つけたい」と語った。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]