/

この記事は会員限定です

芸能人の移籍制限は「独禁法違反」 公取委

[有料会員限定]

公正取引委員会は、芸能事務所が契約終了後の芸能活動を不当に制限することが独占禁止法違反にあたるとの見解をまとめた。芸能人にとってメディアの露出が下がることは致命的で、移籍や独立を妨げる影響が大きいと判断した。契約終了後の数年間は芸能活動を禁じているケースもあるといい、こうした行為を原則禁止とし、業界の慣習を変える狙いがある。

27日、業界との非公開の会合で芸能事務所関係者らに伝えた。公取委は、事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り838文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン