芸能人の移籍制限は「独禁法違反」 公取委

2019/11/27 18:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公正取引委員会は、芸能事務所が契約終了後の芸能活動を不当に制限することが独占禁止法違反にあたるとの見解をまとめた。芸能人にとってメディアの露出が下がることは致命的で、移籍や独立を妨げる影響が大きいと判断した。契約終了後の数年間は芸能活動を禁じているケースもあるといい、こうした行為を原則禁止とし、業界の慣習を変える狙いがある。

27日、業界との非公開の会合で芸能事務所関係者らに伝えた。公取委は、事…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]