キャッシュレス、少額・コンビニ中心 政策目的とずれ
ポイント還元制度1万人調査

金融最前線
2019/11/28 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

手厚い還元で顧客を囲い込もうとするQR決済のサービスに、人気が集まっている

手厚い還元で顧客を囲い込もうとするQR決済のサービスに、人気が集まっている

スマートフォンにQRコードなどの決済アプリを入れ、コンビニエンスストアで手軽な買い物に使う。狙いはポイント還元――。10月の消費増税後に始まったキャッシュレス決済のポイント還元について消費者に聞いたところ、少額の買い物でキャッシュレスが広がっていることが分かった。ただ、利用場所はコンビニなど大手傘下の店舗が多く、中小企業支援の政策目的とはズレも目立つ。

【関連記事】
ポイント還元、予算3000億円増 キャッシュレス拡大で
増税後の消費、厳しい出足 10月の小売販売7.1%減

日本経済新聞が11月下旬にインターネットでアンケートをして、約1万人から回答を得た。浮かび上がったのは、ポイント還元を目的に日常の買い物をスマホで決済していく消費者の姿だ。

回答者の7%はポイント還元事業を受けてキャッシュレス決済を「新たに始めた」とした。「頻度が増えた」の34%と合わせると、4割の消費者が還元を機にキャッシュレスの利用に前向きになった…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]