大学ブランド力、甲信越は信州大首位 3位まで変わらず
日経BPコンサルティング2019年調査

2019/11/27 18:19
保存
共有
印刷
その他

日経BPコンサルティング(東京・港)が実施した「大学ブランド・イメージ調査2019-2020」によると、甲信越地区で調査対象とした22大学のうち、ブランド力の総合力1位は信州大学(74.8ポイント)だった。2位は新潟大学(68.2ポイント)、3位は長岡技術科学大学(58.6ポイント)で、上位3大学の順位は前回調査と変わらなかった。

前回調査との比較では、松本大学と長野県立大学のポイントの伸びが最も大きく、それぞれ1.1ポイントの上昇だった。

ブランドイメージを構成する49項目のうち、信州大は「信頼できる」「勉強、研究に熱心である」など19項目で首位(同率首位を含む)だった。

49項目を関連の強い項目ごとに束ね合わせて、6種類にグループ分けしたところ、信州大は6種類全てで3位以上になった。このほか松本大学が「躍動感」と「地域貢献」で3位、「上品・誠実」では清泉女学院大学が2位だった。

調査は2019年8~9月、甲信越地区に住むビジネスパーソンを対象に、インターネットで実施した。同地区の22大学が対象で、有効回答は1151件だった。

【大学ブランド調査 他の地域は】
大学ブランド力、早稲田が慶応抜き2位に 首位は東大
大学ブランド力、近畿は立命館5位→3位に 首位は京大
大学ブランド力、東海は金城学院が上昇 首位は名大
大学ブランド力、九州は福岡大が6位→2位 首位は九大
大学ブランド力、北海道は北大首位 5位まで変わらず
大学ブランド力、東北は岩手大4位→2位 首位は東北大
大学ブランド力、北関東は筑波大が首位 2位は群馬大
大学ブランド力、北陸は金沢大が首位 3位まで変わらず
大学ブランド力、中国・四国は広経大躍進 首位は広島大

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]