/

駅メロに「知床旅情」 小田急千歳船橋駅

小田急電鉄は小田急線の千歳船橋駅(東京・世田谷)のホームに列車が接近する際のメロディーとして「知床旅情」を採用、24日から使用している。上りホームはイントロ、下りホームはサビのバージョンをそれぞれ流している。

知床旅情は俳優の故森繁久弥さんの代表的な楽曲として知られ、2019年は森繁さんの没後10年に当たる。森繁さんが千歳船橋駅周辺に住んでいたこともあり、同駅近くの商店街には「森繁通り」という名称もある。小田急は住民らに地域への愛着を深めてもらうため、森繁さんにちなんだ世田谷区などの周年事業に協力した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン