/

この記事は会員限定です

モディ氏動かす農家の声 RCEP、インドが離脱示唆

[有料会員限定]

日中韓など16カ国が交渉を進める東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉で、インドが離脱の可能性を突然示唆した。国内景気の減速でモディ政権の支持が急落し、農家がさらに離反することへの焦りが背景にある。大票田に目配りする一方、対外向けには交渉に残る「二枚舌」もみせており、各国を混乱させている。

「ガンジー氏の知恵と私自身の分別からも、RCEPへの参加は許されない」。11月4日夜、バンコクで開いたR...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1420文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン