パラリンピック進化形

フォローする

パラ聖火ランナー募集開始 まずLIXILのサイトで

Tokyo2020
2019/11/27 18:06
保存
共有
印刷
その他

2020年東京パラリンピックの聖火リレーを走るランナーの募集が27日、始まった。まず聖火リレーのスポンサーである住宅設備大手LIXILが専用サイトで応募を受け付ける。期限は20年2月29日まで。他薦の場合は同月22日に締め切る。

トーチを手に記念写真に納まるテニスの錦織選手(右)ら(27日、東京都江東区)

トーチを手に記念写真に納まるテニスの錦織選手(右)ら(27日、東京都江東区)

募集開始に合わせて27日にあった都内のイベントでは、16年リオデジャネイロ五輪の男子テニス銅メダルの錦織圭選手らがトーチを持って聖火を引き継ぐ「トーチキス」を披露。錦織選手は「スポーツ選手だけでなく、みんなで盛り上げていけたら」と呼びかけた。

パラリンピックの聖火リレーでは「はじめて出会う3人」が一組となって約200メートルを走る。

ランナーに応募できるのは2008年4月1日以前に生まれた人。国籍や障害の有無は問わないが、「自らの意思で火を安全に運べる」必要がある。単独での走行が難しい場合、介助者や補助犬を伴うことができる。

12月16日からは東京都と静岡、千葉、埼玉の3県での募集が始まる。期限は20年2月15日までで、それぞれの都県と何らかのゆかりがあることが応募の条件となる。LIXILと都県いずれかへの同時応募は可能だが、複数の都県への応募はできない。

パラリンピック進化形をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

パラリンピック進化形 一覧

フォローする
台東区が浅草寺の雷門近くに設置した竹材のオブジェ(昨年12月下旬)

 2020年東京五輪のマラソン開催地は札幌市に移転されたが、都内のコース周辺の住民らは、変更されなかったパラリンピックのマラソンを盛り上げようと取り組んでいる。パラマラソンを共生社会やバリアフリー社会 …続き (1/25)

2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場=共同共同

 2020年東京パラリンピック観戦チケットの第2次抽選の受け付けが15日、始まった。開閉会式と全競技・種目のチケットが対象になる。大会組織委員会は約60万枚が販売された第1次よりも多く売り出す方針だ。
…続き (1/15)

パラリンピックの第2次抽選申し込みは15日から受け付ける(7日、東京都中央区)

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は7日、パラリンピック観戦チケットについて、15日から始まる第2次抽選販売の詳細を発表した。開閉会式と全競技・種目が対象で、29日午前11時59分まで …続き (1/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]