日医工、バイオ後発薬の第2弾を発売 関節リウマチ向け

2019/11/27 17:29
保存
共有
印刷
その他

日医工は27日、バイオ医薬品の後発薬にあたるバイオシミラー「エタネルセプトBS皮下注」を発売したと発表した。関節リウマチと若年性特発性関節炎の治療に使う薬で、同社にとってバイオ医薬品の後発薬はインフリキシマブBS点滴静注用に続く第2弾となる。

日医工はバイオシミラー開発に注力している

バイオ医薬品は細胞培養や遺伝子組み換えといったバイオ技術を使い、副作用が比較的少ないのが特徴。一方、製造工程が複雑なため、現在主流で大量生産が容易な低分子薬と比べ高価なことが課題となっている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]