/

この記事は会員限定です

職業性胆管がんにオプジーボ 大阪市大などが治験

[有料会員限定]

大阪市立大学の久保正二病院教授らは国立がん研究センター東病院と共同で、発がん性の化学物質が原因で発症した「職業性胆管がん」の患者にがん免疫薬「オプジーボ」を投与する医師主導臨床試験(治験)を始めた。9月から投与している1例目の患者は直後から血液検査のデータが改善し始めたという。研究チームは今後、複数の患者で長期の安全性や治療効果を調べる考えだ。

治験は印刷工場で発がん性の有機物質ジクロロプロパンな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り833文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン