職業性胆管がんにオプジーボ 大阪市大などが治験

関西
科学&新技術
2019/11/27 17:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪市立大学の久保正二病院教授らは国立がん研究センター東病院と共同で、発がん性の化学物質が原因で発症した「職業性胆管がん」の患者にがん免疫薬「オプジーボ」を投与する医師主導臨床試験(治験)を始めた。9月から投与している1例目の患者は直後から血液検査のデータが改善し始めたという。研究チームは今後、複数の患者で長期の安全性や治療効果を調べる考えだ。

治験は印刷工場で発がん性の有機物質ジクロロプロパン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]