韓国、解決へ法整備探る 元徴用工訴訟、原告は反発
12月の日韓首脳会談にらむ

2019/11/27 17:30
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=恩地洋介】韓国で日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟の解決策を巡り、法整備による打開を探る動きが出ている。文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、日韓の企業と個人から寄付金を募って基金を創設する法案を示した。しかし、27日に記者会見した原告側は同案への反対を表明し実現は見通せていない。日韓が開催を調整する12月の首脳会談までに、韓国側が調整をどの程度進められるかが焦点だ。

文議長が示した法案は…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]