西山女王が奪取に王手 将棋リコー杯女流王座戦第3局

囲碁・将棋
2019/11/27 16:53 (2019/11/27 19:21更新)
保存
共有
印刷
その他

女流王座のタイトル奪取に王手をかけた西山朋佳女王(27日午後、福島県郡山市)

女流王座のタイトル奪取に王手をかけた西山朋佳女王(27日午後、福島県郡山市)

将棋の第9期リコー杯女流王座戦(特別協力・日本経済新聞社)五番勝負の第3局が27日、福島県郡山市の「郡山ビューホテルアネックス」で指され、午後4時49分、105手で先手の挑戦者、西山朋佳女王(24)が里見香奈女流王座(27)を破り、対戦成績を2勝1敗としてタイトル奪取に王手をかけた。

(投了図は▲1二銀まで)

(投了図は▲1二銀まで)

持ち時間各3時間のうち、残りは西山女王1時間5分、里見女流王座1分。第4局は12月4日、東京都渋谷区の将棋会館で指される。

この日の将棋は、挑戦者が初手から5筋の歩を伸ばして得意の中飛車に。女流王座は居飛車を選び、2枚の銀を中央に繰り出して対抗した。

女流王座が7五歩(42手目)と左辺から攻めれば、挑戦者は1五歩(45手目)と右辺で反撃。西山女王は3六歩(67手目)など自陣が乱れるのもいとわず攻めて優勢を築く。女流王座も終盤、勝負手で迫ったが、挑戦者が最後はきっちり後手玉を仕留めた。立会人の中村修九段は「終始、強気に指し続けた西山女王の強さが光った。女流王座もさすがの粘りで、非常に見応えのある一局だった」と評した。

〈指し手〉

▲5六歩△8四歩▲7六歩△6二銀▲5八飛△4二玉▲5五歩△3二玉▲4八玉△4二銀▲6八銀△5二金右▲3八玉△3四歩▲5七銀△1四歩▲1六歩△3三銀▲2八玉△8五歩▲7七角△7四歩▲3八銀△7三銀▲4六歩△4二金上▲6六銀△6四銀▲4七銀△7二飛▲3八金△4四銀▲5九飛△9四歩▲9六歩△3五歩▲5六銀△1三角▲6八角△8六歩▲同歩△7五歩▲7八金△7六歩▲1五歩△7七歩成▲同桂△2四角▲1四歩△1五歩▲2六歩△1四香▲1二歩△2二玉▲2五歩△1三角▲2七金△7六歩▲6五桂△3三銀▲2六金△6五銀▲同銀右△3四桂▲2七金△1二玉▲3六歩△6四歩▲5六銀△7三桂▲2四歩△同銀▲4五銀△7七歩成▲同銀△3三金▲3五歩△同銀▲2五銀△6五桂▲1四銀△7七桂成▲同金△2六銀打▲同金△同銀▲2七歩△7七飛成▲同角△4六角▲3七歩△7六歩▲3一銀△3二金打▲2六歩△7七歩成▲2五桂△2四角打▲1三歩△同桂▲1五香△2一玉▲3三桂不成△同角▲1二銀まで105手で西山女王の勝ち

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]