桜を見る会に反社勢力 野党は問題視

2019/11/27 21:30
保存
共有
印刷
その他

立憲民主党など野党4党は27日、国会内で国会対策委員長会談を開いた。首相主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が出席していたとされる問題で、菅義偉官房長官の進退を含めて責任を追及する方針で一致した。

 「桜を見る会」を巡り、警察庁の担当者ら(手前)を呼んで聞き取り調査を実施した野党の追及本部会合=27日午後、国会

菅氏は27日の記者会見で桜を見る会に反社勢力が出席していたとの指摘に関し「反社勢力の定義が一義的に定まっているわけではないのも事実だ。『出席した』とは言っていない」と事実関係は確認できていないと強調した。菅氏は26日、反社勢力に関し「出席は把握していなかったが、結果として入っていたのだろう」と語っていた。

立民の安住淳国対委員長は会談後、記者団に「官房長官は(桜を見る会の)責任者だ。進退に関わる問題との認識になった」と説明した。

野党の追及本部は、警察庁の担当者らを呼び、反社会的勢力を排除する取り組み状況などを聴取した。桜を見る会に反社勢力が出席していた点は「個別の事案なのでつまびらかにできない」と応じたという。

野党はマルチ商法を展開し破綻したジャパンライフの元会長が桜を見る会への招待を宣伝に悪用していたとされる点も問題視している。元会長は安倍晋三首相の推薦枠で参加したとみて、経緯を追及する。

政府は与野党の参院予算委員会筆頭理事が27日に開いた協議で、桜を見る会の招待者について、各府省庁が作成した昨年まで6年分の推薦名簿を公表するとの見通しを示した。29日にも予算委理事懇談会で提出する方向だ。

菅氏は27日の記者会見で招待者名簿の保存期間について「1年未満」とする内閣府の規定を見直す考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]