/

この記事は会員限定です

日産やマツダ、「CASE」ソフト開発人材争奪戦

[有料会員限定]

自動車各社がソフトウエア開発者の確保に力を入れている。日産自動車は2022年度までに開発担当者500人を対象に専門教育を行う。マツダは自動運転関連の講座を外部公開し、中途採用につなげる。自動運転やつながる車など「CASE」をにらみ、重要さを増す車載ソフト開発の人材はIT(情報技術)大手など異業種とも争奪戦になっている。

日産は2年前に神奈川県厚木市に開いた「ソフトウエア・トレーニング・センター」で、自動運転などに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン