米中摩擦で収益減、製造業の45%に 国際協力銀調べ

2019/11/27 20:47
保存
共有
印刷
その他

国際協力銀行が27日に公表した国内製造業を対象とした調査で、45%の企業が米中の貿易摩擦による収益の減少を見込んでいることがわかった。555社が回答したアンケート調査で、化学や電機、機械を中心に幅広い業種から関税の引き上げや取引制限の影響を懸念する声が上がった。

調査は6月28日~8月1日に実施した。米国が5月に2千億ドル(約21兆8千億円)分の中国製品に対し、制裁関税の税率を10%から25%に…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]