人の裏表や襞を浮き彫り 縄田一男氏が選ぶ3冊
潮待ちの宿 伊東潤著

読書
2019/11/28 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今年の伊東潤の活躍には驚かされた。B、C級戦犯の裁判を扱った『真実の航跡』、戦国ものの傑作短篇(たんぺん)集『家康謀殺』を放ったかと思えば、本書は初の人情ものである。

だが、そこは伊東潤、並の人情ものに収まっているわけがない。物語は、口減らしのため、備中の港町笠岡の「真なべ屋」に奉公に出された志鶴(しづる)がおかみの伊都(いと)らに支えられて成長していく姿を描いてゆく。但(ただ)し、時は幕末から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]