ちりめんじゃこ異物、AIで除去 広島の産学が実用化

2019/11/28 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

海産物卸大手のカタオカ(広島県尾道市)は尾道市立大学と連携し、ちりめんじゃこの製造工程で必要となる異物の除去にAI(人工知能)を活用する。2020年にもシステム化し、異物除去ラインに導入する。今は約30人が目視で除去するなど効率化が課題となっている。新しい技術の導入で、瀬戸内の特産品としての競争力を高める。

イワシ類の稚魚を釜ゆでして干したちりめんじゃこ。数ミリメートル程度の魚介類などの異物が数…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]