/

この記事は会員限定です

日立の切り札「ルマーダ」って? IoT基盤から進化中

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

日立製作所がグループ御三家の日立化成の売却先を決めモノづくりからデジタル事業へのシフトを急ぐなか、その切り札となるのが「Lumada(ルマーダ)」だ。あらゆるモノがネットにつながるIoTの基盤として提供を始め、今では顧客企業と経営課題を解決する場に進化している。聖域なき改革で会社の基軸そのものを変えようとする日立が注力するルマーダの実態に迫った。

 ▼Lumada(ルマーダ) 2016年に提供を始めたIoTのプラットフォーム(基盤)で、illuminate(照らす)とdata(データ)という2つの英単語を組み合わせた造語。顧客の持つデータに光を当て輝かせて、新たな知見を引き出し、経営課題の解決や事業の成長に貢献するという思いを込めた。現在は顧客と経営課題を解決するシステムなども含む。日立社内では顧客のデータを活用し、同社のノウハウを生かしているといった基準を設け、ルマーダと呼ぶかを審査する。システムを他社にも提供しやすいように体系化し、顧客ごとのカスタマイズを最小限に抑える。これにより利益率が高まると同時に、素早くシステムを納入できる利点がある。

ハードでもサービス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン