/

この記事は会員限定です

ベルリンの壁崩壊の後で(十字路)

[有料会員限定]

ベルリンの壁が崩壊して30年になる今年、初めてベルリンを訪れた。大企業の拠点は少なく、目玉となる観光スポットがないせいか日本人はほとんど見かけなかった。

壁が崩壊した当時のベルリンは社会主義体制の崩壊と民主主義・自由経済の勝利を象徴する都市となった。しかし今日、米中新冷戦が始まり、多くの国で大衆迎合主義が幅を利かせ、経済格差も拡大している。今年のベルリンは今日の問題を考える起点として回顧的に脚光を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り557文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン