服薬指導のオンライン化を解禁 改正薬機法が成立

経済
政治
2019/11/27 12:30
保存
共有
印刷
その他

薬剤師がオンライン上で患者に服薬指導ができるようにする改正医薬品医療機器法(薬機法)が27日の参院本会議で可決、成立した。薬の飲み方などを教える服薬指導は現状は対面でなければならない。一定の要件のもと、インターネットを介したテレビ電話などを活用する場合も認める。

改正案は今年の通常国会から継続審議になっていた。1年以内に施行する。

在宅医療などで地域の医療機関と連携する薬局や、がん治療などの高度な薬学管理を担う薬局を認定する制度も導入する。薬局の薬剤師が患者に薬を渡した後も服薬期間中は必要に応じて薬の使用状況を確認し指導することも義務付ける。

虚偽や誇大な広告で医薬品を販売した企業に多額の課徴金を課せられるようにする制度も新たに設ける。

改正肥料取締法も成立した。原則として認められていなかった化学肥料と堆肥の混合を可能にして、農家のニーズに対応した肥料の開発を促す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]