弱い物価に余裕と焦りの芽

日銀ウオッチ
コラム(経済・金融)
2019/11/28 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「いまは景気が微妙な情勢なので、物価が弱いことも自然な動きだ。むしろ物価だけ上がると困るくらいだ」。最近、日銀幹部がこんな発言を繰り返している。

消費増税直後の物価の動きを映す指標として注目された10月の消費者物価指数(CPI、生鮮食品を除く)は、前年比上昇率が0.4%にとどまった。増税による押し上げと幼児教育・保育無償化の下押しの影響を除けば0.2%と、2年7カ月ぶりの低水準だ。2%の物価安定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]