東京ムーブメント

フォローする

新国立競技場、風呼び込み熱戦も涼しく 30日完成

Tokyo2020
2019/11/29 0:30
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場で、開閉会式などを行う新国立競技場(東京都新宿区)が30日、3年に及ぶ工期を経て完成する。国産の木材をふんだんに使ったスタジアムの最大の特徴は「風」。日本の伝統建築を参考に庇(ひさし)で自然の風を取り込んで涼をとる設計が施され、環境やユニバーサルデザインに配慮した次世代型スタジアムとなる。

整備事業は大成建設や建築家の隈研吾氏などのグループが手掛け、30日に事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)に引き渡される。

フィールドに芝が敷かれ、トラックには白いラインが書き込まれた

フィールドに芝が敷かれ、トラックには白いラインが書き込まれた

設計時の想定では観客席は五輪の際に約6万席、パラリンピックは約5万8千席に上る。国内では珍しく、欧州のサッカースタジアムのように3層のスタンドで徐々に勾配を急にしていく「すり鉢状」を全面的に採用。フィールドから離れた上層の席でも臨場感が損なわれないよう工夫した。

観客の暑さ対策に大きな役割を果たすのが、屋根の付け根の部分にある「風の大庇」だ。

季節に応じて吹きやすい風を想定して方位によって縦格子の間隔を調整しており、夏場は格子幅を狭くした部分に南側からの風を当てて観客席に取り込む構造になっている。風の一部は、フィールドからの上昇気流となって場内の熱や湿気を逃す役割を果たす。

大庇の下にも、スタジアムの外周にわたって全国47都道府県の木材を使った軒庇を設置。コンコースなどに風を取り込む。庇が連なる建築様式は五重塔など日本の伝統建築物にみられ、客席に空調がない代わりに自然の力を利用し会場を冷やす。風が穏やかな日もあることから、計185カ所に人工的な風を生み出すファンも設けた。

国産のスギなどの木材は、スタンドを覆って陸上トラックのそばまで張り出す巨大な屋根にも多用されている。

障害者などに配慮したユニバーサルデザインも特徴の一つ。設計時の想定では五輪での車いす席は約500席、パラリンピックは約750席。すり鉢状にせり上がる客席の裏の空間を生かしてエレベーターを上層階まで垂直に通し、スタンドの中腹など、通常のスタジアムより高い位置にも車いす席を設ける。

本体工事は2016年12月に着工し、延べ約150万人の作業員が投入された。関連工事などを含む整備費は1569億円にのぼる。資材費や人件費の上昇などの影響は受けたが、15年に設定された整備費の上限、1590億円を下回った。

新国立競技場では、12月21日に陸上男子100、200メートルの世界記録を持つウサイン・ボルト氏(ジャマイカ)や人気グループ「嵐」らが登場予定のオープニングイベントを実施。来年1月1日にはサッカーの天皇杯決勝が行われる。

【関連記事】
五輪スタジアム完成 整備1500億円、問われる価値
新国立競技場だけではない神宮外苑 新施設が続々
スポーツで東京の価値磨け 都内各地で腕くらべ

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
1964年東京五輪の開会式で、国立競技場の上空にブルーインパルスが描いた五輪マーク=共同共同


 東京五輪・パラリンピック組織委員会は、来年3月20日開催の聖火到着式(宮城県東松島市)で、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が航空機5機から青、黄、黒、緑、赤の煙を発し、上空に五 …続き (12/6)

北海道マラソンで大通公園前をスタートするランナー(2018年、札幌市中央区)=共同共同

 2020年東京五輪のマラソン会場が札幌市に変更されて1カ月が過ぎたが、いまだにコースが固まらない。4日に42.195キロの前半20キロ分だけは決まったが、残る後半22.195キロ分は継続協議となった …続き (12/5)

札幌市の大通公園=共同共同

 札幌市で開催される2020年東京五輪のマラソンと競歩の計5種目を巡り、大会組織委員会は4日、大会終盤の8月6~9日の4日間に集中開催することが国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で決まったと発表 …続き (12/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]