厚生年金のパート適用、2段階で拡大 政府・与党調整
22年に「101人以上」→24年に「51人以上」

政治
2019/11/27 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府・与党は26日、会社員が加入する厚生年金の短時間労働者への適用を段階的に拡大する調整に入った。適用企業の対象を従来の「従業員数501人以上」から2022年10月に「101人以上」、24年10月に「51人以上」に2段階で広げる案が有力だ。新たに65万人が厚生年金の対象になる見通しだ。

政府がこうした方針を与党幹部に伝えた。当初は「51人以上」に一気に広げる案を検討していた。保険料を折半する中小…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]