イランとIAEAが対立、未申告ウラン検出

2019/11/26 22:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】国際原子力機関(IAEA)とイランの対立が表面化してきた。IAEAに未申告の施設からウラン粒子が検出されたのに加え、IAEAはイランが査察官の業務を妨害したとも主張する。12月に事務局長に就任するグロッシ氏は米国の強い支持を受け、イランへの査察を「公平、厳格に実施する」と説明する。イラン包囲網が一段と狭まりそうだ。

「イランから情報を受け取っておらず、問題は解決していな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]