昭電工、退路断つ大型買収 日立化成の優先交渉権獲得

2019/11/26 22:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総合化学メーカーの一角を占める昭和電工が大型買収に打って出る。日立製作所のグループ子会社である日立化成の買収を巡り、日立側から優先交渉権を得た。買収額は昭和電工の連結売上高(約9900億円)に近い巨額になる可能性があり、リスクもにじむ。それでも「不退転」の決意で挑む背景には、日立化成が強みを持つ半導体や電池向けの先端材料を獲得し、次世代型の企業に脱皮したいとの思惑がある。

「企業価値向上を目的に…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]