/

この記事は会員限定です

すかいらーく、持ち帰り容器脱プラ 3000店で植物由来

[有料会員限定]

ファミリーレストラン最大手のすかいらーくホールディングス(HD)は12月から順次、店舗で持ち帰り用容器やレジ袋への石油由来のプラスチック製品の使用を原則やめる。サトウキビなどバイオマス由来の容器に切り替える。世界的に使い捨てプラスチックの利用の見直しが進む。3千店強を展開する外食大手がバイオプラ製品の大量採用に動くことで、製品価格が下がり普及を後押しする可能性がある。

使い捨てプラスチックは海洋汚染や温暖化ガスの原因とされ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン