豪州で「中国スパイ」疑惑相次ぐ 選挙工作や亡命申請

2019/11/26 21:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シドニー=松本史】オーストラリアに対し、中国情報機関が工作を仕掛けたとの疑惑が出ている。中国系の男性を5月の総選挙に擁立しようと、同機関の関係者が資金提供を申し出たと豪メディアが24日に報道した。23日には中国人スパイが亡命申請したと伝わった。中国は広域経済圏構想「一帯一路」を掲げ、対立する米国との間にある太平洋地域への進出を急ぐ。台湾も巻き込んで地域の勢力争いが激化している。

24日放送の豪…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]