/

この記事は会員限定です

超小型電気自動車(EV)開発、レースの世界で環境意識

静岡CASE発進―タジマモーター田嶋会長兼社長に聞く

[有料会員限定]

静岡県松崎町で始まった自動運転実験で使われている超小型電気自動車(EV)。開発を手がけ、普及に取り組むタジマモーターコーポレーション(東京・中野)の田嶋伸博会長兼社長はもともとエンジン車のレーサーだったがEVに乗り換え、その魅力にのめり込んでいる。「EVの面白さは、レスポンスの速さとあらゆる駆動制御ができること」と強調する。

――69歳の今も現役レーサーとして活躍しています。EVに乗り換えたきっか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1899文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン