/

この記事は会員限定です

就活生、中国企業に関心 日本法人を現地勤務の入り口に

[有料会員限定]

就職活動をする日本人学生が中国企業に目を向け始めた。「スケールの大きい仕事ができそう」「高い成長性が魅力」。学生は中国語に磨きをかけつつ、日中を舞台にしたビジネスにかかわる夢を描く。ただ、現地で暮らしながら働くのに必要なビザの取得には2年以上の勤務経験が求められるなどハードルもある。

10月19日、東京都内の大学で開かれた「HSK中国留学・就職フェア」は、リクルートスーツ姿の日本人学生らでにぎわっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1745文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

就活

新型コロナウイルス感染拡大がやまない中でも就職活動に励む学生、採用する側の企業は、ともにオンラインと対面を駆使しより良い出会いを求めます。就活に役立つニュースや、様々な疑問に答える『就活探偵団』などの読み物を掲載します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン