医師不足に退職医活用 愛媛県医師会の村上博会長

2019/11/27 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地域医療が大きな正念場を迎えている。医師不足が一段と深刻化し、救急医療の維持にも影響が波及。医療機関の経営との両立という点でも高いハードルに直面する。愛媛県医師会の村上博会長に医療の現状と今後の対策を聞いた。

――地域医療の課題の中でも、特に医師やスタッフ不足が深刻です。

「県全体の人口当たりの医師数は決して少なくないが、医師が多数の地域は松山市だけだ。医師不足に加え、看護師や介護士などの不足に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]