北関東上場30社の4~9月期、半数が損益悪化

2019/11/26 19:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北関東3県の上場企業の業績に減速感が強まっている。3月期決算の30社(金融除く)の2019年4~9月期の最終損益は、半数が前年同期比で悪化した。ワークマンや家電量販店など一部の小売業は増益だったが、世界的な自動車販売の落ち込みを受け、部品メーカーなど製造業の苦戦が目立った。通期予想の下方修正も相次ぎ、影響の長期化が懸念される。

増収かつ損益が改善(赤字幅縮小も含む)したのは12社だった。作業服販…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]