ロイヤルHD、PAなどの飲食事業買収 155億円、西洋フードから

2019/11/26 19:43
保存
共有
印刷
その他

ロイヤルホールディングス(HD)は26日、給食大手の西洋フード・コンパスグループ(東京・中央)傘下でパーキングエリア(PA)などの飲食店、売店を運営する子会社を155億円で買収すると発表した。西洋フードから株式を順次取得し、4年をめどに完全子会社化する。ロイヤルHD自身も傘下で高速道路や空港内の飲食店を運営しており、買収で店舗網を拡大する。

ロイヤルHDが買収するシーエフエス(東京・中央)は、海ほたるPAや海老名サービスエリア(SA)など12拠点で飲食店を運営する。売上高は約129億円で、SA・PA内の飲食店運営としては最大手。ロイヤルHDは傘下で経営する14拠点とあわせ規模を拡大し、経営効率を高める。

ロイヤルHDは「ロイヤルホスト」など主力の外食事業のほか、ホテル事業、飲食施設の受託運営などを手がける。訪日観光客による高速道路の利用増も見込んで、SA・PA内での事業を強化する。

西洋フードはオフィスや学校、病院など施設向けの給食が主力事業だ。ロイヤルHDにPA・SA内の店舗運営を委ね、主力事業に経営資源を集中する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]