始まった18歳争奪戦、北海道の3国立大が描く未来

大学
2019/11/26 19:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道でも大学のサバイバル競争が始まった。18歳人口が向こう10年、全国を上回る勢いで減少すると見込まれる一方、近年は私立大を創設する動きも相次いでいる。地殻変動のマグマがくすぶり始めたのは事実。限られた学生を奪い合う大競争時代の到来を見越し、国立大学を巻き込んだ再編への号砲が鳴る。

2022年4月に運営法人を統合する小樽商科大(小樽市)、帯広畜産大(帯広市)、北見工業大(北見市)はいずれも長い…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]