/

食パンの「銀座に志かわ」 新潟県内初進出

高級食パン専門店「銀座に志かわ」は12月15日、新潟県長岡市に出店する。県内進出は初めて。全国的にパンの消費量が増える中、材料や製法にこだわった点を売りに県内消費者の需要を取り込む。

銀座に志かわは2018年9月の銀座本店(東京・中央)のオープン以降、関東や関西、東北などに30店以上を展開している。仕込み用にアルカリイオン水を使っており、「生地は絹のように柔らかく、ほんのりとした甘みがある」(同店)のが特長だという。

長岡店は長岡駅から西に車で15分ほどの地域に出店する予定。15日に開業するが、5日から商品購入の事前予約を受け付ける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン