ミドリムシ ユーグレナなど南米で量産 バイオ燃料に道

スタートアップ
環境エネ・素材
中南米
2019/11/26 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バイオスタートアップのユーグレナは伊藤忠商事と組み、藻の一種であるミドリムシの量産に乗り出す。南米のコロンビアで4~5年後をめどに試験プラントを稼働させて順次設備を拡張し、年に数万トン規模の生産を目指す。ミドリムシを安定的に大量生産し、航空機の二酸化炭素(CO2)排出量削減で期待されるバイオ燃料としての利用に道を開く。

ミドリムシは水と太陽光があれば培養できる。光合成の原理でCO2を吸収し、環境…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]