夏イチゴやフグ 奈良・天川村、新名物に託す村の将来
ウエーブ奈良

2019/11/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

真夏に収穫できるイチゴや廃校育ちの名水フグ。修験道に関わりが深く関西の「秘境」とも呼ばれる奈良県天川村が意外性のある新産品づくりに取り組んでいる。都市部のニーズに絞った新産業で雇用を創出。現在は村主導の事業を今後、民間に移転する流れを生み出す。全国最速レベルで進む人口減少による危機感が背中を押す。

廃校になった小学校で今年、トラフグの試験養殖が始まった。教室だった場所に10トン水槽2基を設置し、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]