/

この記事は会員限定です

「EVのインテル」狙う日本電産 車部品の系列破壊

モーター開発大競争(上)

[有料会員限定]
日経エレクトロニクス

自動車メーカーが進める電気自動車(EV)シフトで、基幹部品のモーターの開発競争が激化している。モーター単体ではなく、インバーターやギアなどを統合した「イーアクスル」と呼ばれるモジュールでの開発が主流になった。車載向けでは新参の日本電産が量産で先行し、受注を急激に伸ばしている。

EVでパワートレーン業界再編

自動車用モーターの開発競争は、激しさとともに複雑さを増している。自動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1568文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン