/

この記事は会員限定です

公共インフラに商機 前田建設など、リスク分散で弾み

[有料会員限定]

企業が国や自治体から公共インフラの運営を受託する「コンセッション」が転機を迎える。経営共創基盤は「ゼロ円譲渡」で地方空港の再建に臨み、前田建設工業は道路や国際展示場の運営で自治体とリスクを分担する方策を探る。公共サービスをどう維持するかは喫緊の課題だが、海外で40兆円に達する民間委託は日本では4千億円止まり。運営リスクを分散する手法が定着すれば、コンセッション拡大の起爆剤になる。

民間による公共施...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン