時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,522,844億円
  • 東証2部 75,072億円
  • ジャスダック 98,536億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.17倍15.93倍
株式益回り6.59%6.27%
配当利回り1.89% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

投信販売、ゼロへの競争 「誇大広告」も是正のとき
編集委員 前田昌孝

2019/11/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今は昔、投資信託は証券界で「1粒で4度おいしい」と言われていた。時代は下って米国系のフィデリティ証券が購入時手数料の撤廃を決め、残る「おいしさ」も消えつつある。年配客の引退とともに、目新しい商品を次々と作って乗り換えを誘うビジネスは終止符を打つだろう。今後は積み立て投資などを受け入れる長期保有商品の色彩が強まるだろうが、過渡期ならではの問題もある。特に投資家を惑わす「誇大広告」は是正が急務だ。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

マーケット反射鏡 一覧

フォローする

読まれたコラム