/

官房長官「主張すべきことは主張」 習主席の国賓来日巡り

菅義偉官房長官は26日の記者会見で、混乱する香港情勢を踏まえて自民党内に中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の来春の国賓訪問に反対論があることに関し「香港情勢を含めて主張すべき点は主張していきたい」と述べた。「(香港と中国の)両政府のハイレベルが大局的な観点から率直に議論することが重要だ」と強調した。

中国政府が新疆ウイグル自治区でイスラム教徒の少数民族ウイグル族を弾圧しているとの報道に関しては「人権状況についても懸念をもって注視している。自由、基本的人権の尊重、法の支配が中国でも保証されることが重要だ」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン