下請け取引改善へ業界別の行動計画を検証 経産省

2019/11/26 18:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は下請け取引の改善に向け、業界による自主行動計画の検証を始める。自動車や小売り、建設業など8業種で29の業界団体が対象。取引先に代金を適切に支払っているか、発注側の働き方改革のしわ寄せが中小企業におよんでいないかなどを点検する。問題があれば計画変更を求め、下請法などに基づく行政指導も視野に入れる。

下請け問題を議論する有識者会議を27日に開いて着手する。被災時の事業継続計画(BCP)の…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]