/

大学ブランド力、東海は金城学院が上昇 首位は名大

日経BPコンサルティング2019年調査

日経BPコンサルティング(東京・港)は「大学ブランド・イメージ調査2019-2020(北陸・東海編)」をまとめた。大学ブランド力(偏差値)が最も高いのは名古屋大で、調査開始から12年連続の首位となった。創立130周年の金城学院大が前回調査から大きく偏差値を上げた。

東海の2位は中京大、3位は名古屋工業大。いずれも前回より順位を上げた。金城学院大は7位で、前回からの上昇率がトップだった。調査によると、130周年を記念する個性的なイベントなどが評価につながったとみられる。

調査は8~9月、東海・北陸地方の65大学について、地元で働く会社員らにインターネットで実施。大学や学生に対するイメージなど49項目を聞き、ブランド力を算出した。有効回答数は3758件だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン