無印良品、わけあって変身中 地域密着店が映す危機感

日経MJ
コラム(ビジネス)
小売り・外食
2019/12/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「無印良品」が一風変わった店を開いている。ホテルを併設したり、野菜や魚があふれる食品売り場を開いたり。「シンプル」「エコ」を強みに7期連続で国内既存店売上高が増収の無印良品はどこに向かうのか。運営する良品計画が目指すのは、消費者とのコミュニケーション再構築。わけあって、「お節介」に転じようとしている。

■食品5割、まるでデパ地下

京阪神地区のベッドタウン、京都・山科。JR山科駅前に建つ商業施設の地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]