アガサ、臨床試験のペーパーレス化で医療現場を支援

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
スタートアップ
ヘルスケア
2019/11/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ヘルスケアスタートアップのアガサ(東京・中央)はITによる医療現場の業務改善に挑んでいる。特に臨床試験(治験)や臨床研究では1病院あたり年間80万枚の書類が使われているとされ、効率化の余地が大きい。同社はクラウドサービスなどを活用し、ペーパーレス化を進める。医療機関や製薬会社との連携を拡大する鎌倉千恵美社長に狙いを聞いた。

――治験のペーパーレス化に着目した理由は何ですか。

「きっかけは10年ほ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]