/

この記事は会員限定です

アガサ、臨床試験のペーパーレス化で医療現場を支援

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

ヘルスケアスタートアップのアガサ(東京・中央)はITによる医療現場の業務改善に挑んでいる。特に臨床試験(治験)や臨床研究では1病院あたり年間80万枚の書類が使われているとされ、効率化の余地が大きい。同社はクラウドサービスなどを活用し、ペーパーレス化を進める。医療機関や製薬会社との連携を拡大する鎌倉千恵美社長に狙いを聞いた。

――治験のペーパーレス化に着目した理由は何ですか。

「きっかけは10年ほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1567文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン