大学ブランド力、北陸は金沢大が首位 3位まで変わらず
日経BPコンサルティング2019年調査

2019/11/27 0:00
保存
共有
印刷
その他

日経BPコンサルティング(東京・港)は「大学ブランド・イメージ調査 2019-2020」をまとめた。北陸・東海の主要65大学の総合順位は、金沢大が名古屋大に次ぐ2位で、前回から1つ順位を上げた。

北陸に限ると、1位が金沢大、2位が金沢工業大、3位は富山大で前回順位と変わらなかった。前回からの上昇率では、愛知県の金城学院大が首位で、北陸勢は金沢大、金沢学院大が続いた。

大学のイメージを49項目別に分けて聞いたところ、金沢工業大が「チャレンジ精神がある」「今注目されている」で1位を獲得。金沢大は学生に対するイメージについて「自分の意見をしっかり言える」で名古屋大とともに1位だった。

6つの要因別にみると、「一流」は金沢大が名古屋大に次いで2位、「創造力」は金沢工業大が名古屋大に次いで2位だった。

調査は8~9月に「大学ブランド総合力」の偏差値を算出するため、ビジネスパーソンや教育関連従事者、父母を対象にインターネットを通じて実施した。有効回答数は北陸・東海で3758件だった。

【大学ブランド調査 他の地域は】
大学ブランド力、早稲田が慶応抜き2位に 首位は東大
大学ブランド力、近畿は立命館5位→3位に 首位は京大
大学ブランド力、東海は金城学院が上昇 首位は名大
大学ブランド力、九州は福岡大が6位→2位 首位は九大
大学ブランド力、北海道は北大首位 5位まで変わらず
大学ブランド力、東北は岩手大4位→2位 首位は東北大
大学ブランド力、北関東は筑波大が首位 2位は群馬大
大学ブランド力、甲信越は信州大首位 3位まで変わらず
大学ブランド力、中国・四国は広経大躍進 首位は広島大

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]