ボージョレ・ヌーボー 山田ルイ53世

エッセー
2019/11/30 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年11月20日、水曜日。時計の針がそろそろ零時を指そうかという深夜、筆者はとあるスーパーマーケットの食料品売り場にいた。深夜の買い出し、ではなく仕事。リカーコーナーに設けられたステージの上で「10、9、8、7」と司会の女性と一緒にカウントダウンの真っ最中である。「3、2、1……ゼローー!!」と同時に、目の前に垂れ下がった紐(ひも)をグイッと引っ張ると、頭上のくす玉がパカッと割れた。紙吹雪…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]