/

この記事は会員限定です

和牛価格上昇に一服感 高値続き消費鈍る 供給増で緩和感

[有料会員限定]

高級食材である和牛の価格上昇に一服感が出ている。2019年度に入って前年割れが続く。価格志向が強まった消費者が高値を敬遠しているほか、小売店や外食店も他の品種の取り扱いを増やした。高値が続いたため和牛の供給が増えて需給が緩んだ。和牛を育てる農家は子牛の仕入れ価格の上昇でコスト増に直面する。価格が下がれば農家の生産意欲が低下し、再び出荷頭数が減り価格が上がる可能性もある。

指標となる東京市場のA4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン